読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

What's necessary now is...

アスペルガー症候群男子の日常を綴ります。

053017 アスペルガー症候群と俺。診断編

こんばんわ、キキです。


少しずつ、俺がアスペルガー症候群
診断されるまでのことを書いていますが、今回はその続きです。



両親の思いが繋がり、
ついに俺は病院に行くことになりました。


今は発達障がいの専門医って
たくさんいるのかもしれませんが、
20年前の当時は医師探しにも苦労したそうです。



なかなか専門医を見つけることができず、
母は意を決して近所の自閉症のお兄ちゃんがいる家に相談に行きました。


病院を紹介してもらい、いざ予約を。




なんと1ヶ月待ちだったそうです。



両親ともに、もやもやした状態で辛かったと言っていました。


もう行かなくても良いのではと何度も思ったそうです。





そしてついに予約の日が来ました。


病院に着くと、
まずは指導員の方たちが発達の検査をします。


俺と両親は別々の部屋に通され、
お互いいろいろな質問に答えていく感じです。



俺は何を聞かれたかまったく覚えていないですが、
両親の方は俺の普段の行動や、生まれてからこれまでのことをいろいろ聞かれたみたいです。




そのあとしばらく待って医師の診察を終えたあと、
いよいよ結果を告げられました。




「発達障がいです。
知能に遅れはないようですが、自閉症でしょう。」



両親は覚悟をして来たはずなのに、
ショックで言葉が出なかったそうです。


これからどうして良いのか、まったく分からなかったとのことでした。




先生から障がいについての説明を受け、
療育の必要性や手続きについて説明を受けても
実感が湧かずに呆然としてしまった両親。


家に着くなり二人で泣いたと言います。



天才と思っていた我が子が、
実は発達障がいだったんですから。




療育をしなければという気持ちはあったけど
両親はなかなかアクションを起こせず、
かと言って普通の保育園に行かせることは難しい、と
しばらく俺は家で母と過ごしていました。


時間が経つごとに冷静に俺の行動を見ていくと、
医師に教わった自閉症の特徴が垣間見えたそうです。



そこでやっと両親は、療育の決意をしました。


診断されてから3ヶ月経っていたと言います。





次回は療育デビューについて書きます。

そこは俺とララが出会った思い出の場所です。笑



長くなりそうなので、今回はこのへんで。




キキ.



良ければクリックお願いします。
励みになります。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

052217 アスペルガーとADHDカップルが上手くいく理由。

こんばんわ、キキです。


金曜は会社の人たちと飲みに行ってきました。


最近仕事が忙しく、
なかなか早く帰ることが出来ていなかったので
定時退社は久しぶりでした。



俺はお酒がすごく好きというわけではないのですが、
たまに行く飲み会は結構好きです。


なんだかんだ今の会社が好きなのかな、と思います。





今回は久しぶりにララとの出来事を書きます。


先週の火曜日、仕事が終わってケータイを見ると
ララからLINEがたくさん入っていました。



「きーちゃん、Yちゃんとケンカした」

「もうララとは会いたくないって言われた」

「どうしたら良いか分からないよ」



Yちゃんは、ララが小学校の頃からの友達で
今でも仲が良く、よく2人で遊びに行ったり旅行したりしています。


ADHDであるララと一緒にいることで
発達障がいに関心を持ってくれ、障がいを持った子どもたちが通う施設で指導員をしています。



俺も何度か会ったことがありますが、
カミングアウトする前に俺がアスペルガー症候群だと見抜いた子です。



いつも仲が良かった2人に何があったのか。


ちゃんと聞いてあげなきゃいけないと思い、
帰りの電車の中でララと必死にLINEをしました。



文章を組み立てるのが苦手なララから、
一生懸命聞き出したケンカの理由。



Yちゃんから彼氏が出来たと報告を受けた。


ララはとっても束縛タイプの女子なので、
今までみたいにYちゃんを独り占め出来ないことに腹を立てた。


Yちゃんが怒ってしまう。


ララだってきーちゃんのこと優先のくせに!!



こんな感じです。


ララの束縛は、俺に対してもかなりのものなので
なんとなくYちゃんが怒った理由は想像できました。

(ララの束縛については、また今度書きます。)



でも、LINEで話を聞いている限り
ララは冷静さを失い、もう本当にどうしたら良いか分からない様子。


泣きじゃくるララの姿が目に浮かびました。




家に着くなり電話をして、
やっぱり号泣するララの話を聞くこと2時間。


少し落ち着いた様子だったので、
もうあまり考えすぎず、寝るようにね!と言って電話を切りました。




その後、思い出させるのも良くないと思い、
俺からこの話題を出さないようにしていました。


何かあればきっとララから話してくるだろうと。



でも俺の中ではそのことばかりが気になり、
泣いているララの声が頭の中を反響する毎日でした。



冒頭に書いた飲み会中も、
ふとララのことを考えてしまうような状態でした。


そして、その夜。

飲み会から帰ったら、突然ララから電話がありました。



仲直り?絶交?
何か進展があった?と思い、緊張しながら電話に出ました。


すると、元気なララの声。



「きーちゃん!今週のお休み、遊ぼー!!」



あれ、元気そうなのはうれしいけど。
全然思ってたのと違う話題じゃん。


悪いと思いながらも、意を決して俺から聞いてみました。



「Yちゃんとはどうなった?」



すると、びっくりする回答が。



「え、Yちゃん?なんだっけ?あ!!木曜日に2人でディズニーランド行ったよ!きーちゃんにもおみやげあるよ!」



どういうこと????
頭がついて行かず、俺はしばらく無言に。



「あ!!ケンカした話?とっくに仲直りしてるよ!ケンカした次の日の朝には元通り!!」


「もしかしてきーちゃん心配してた?そういえば仲直りの報告してなかったね、ごめんね!!」



呆然でした。笑


この一週間、俺がどれだけ心配したか!
分かってないにもほどがある!



でもとりあえず安心してしまった俺がいました。笑





アスペルガー症候群ADHDのカップルは上手くいくと良く言われますが、
こういうところなんでしょうね。笑


自分の支配下に置きたいアスペルガー症候群
それをさせないADHD



予想外過ぎて、許せてしまうのでしょう。




展開に驚いたけど、
結局許して週末デートしてしまったように
俺にはララは支配できないようです。笑


こんな感じでずっと一緒にいるんだろうなーと思っています。




長くなりましたが、今回はこの辺で。




キキ.



良ければクリックお願いします。
励みになります。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

051517 アスペルガー症候群と俺。乳幼児編②

こんばんわ、キキです。


前回に続いて、俺の乳幼児期のときのことを書いていきたいと思います。



天才だと思われていた俺ですが、
表情が変わらず、目が合わないということに両親が気づいたところまで書きました。



実は当時うちの近所に、俺より2つ上の自閉症の男の子が住んでいました。


母はその子の母親と仲が良く、
よく話を聞いていたらしいです。



そこで、母の頭に不安が浮かんだと言っていました。


もしかして、その子の特徴に似てるかも。



そう思ってしまった母は、俺のことを今まで以上に観察するようになったと言います。



俺が0歳から3歳までの間に、母が気づいたことが以下。


・目が合わない、表情がない。

・大人に対して人見知りをしない。人に興味がない。

・抱っこしたときに、身体がつかないように少し仰け反る。

・言葉の発達が早い割に、トイレが出来ない。
→ トイレが嫌い、入りたがらない。

・友達と遊ぶことをせず、1人で遊びに没頭している。

・落ち着きがない、手遊びが多い。



母はこれだけのことに気づいていながら、
父にはなかなか相談出来なかったと話していました。


もしかしたらただの個性かも、癖かもと思うと
言い出せなかったそうです。



しかし、実はそれは父も同じでした。


なんか違うかも。という疑問を両親共に持ちながらも
お互い言い出せない。




お互いの思いが繋がったのは、
俺が保育園に入るタイミングでした。



母が意を決して、父に伝えてくれました。


ちゃんと専門家に診てもらおう。


この決心が、両親の戦いの始まりだったとも言えるかもしれません。


でも俺は早めに見つけてもらえたこと、
今でも感謝してます。




次は初めての通院から診断までを書こうと思います。


今回はこの辺で。




キキ.



良ければクリックお願いします。
励みになります。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

051117 アスペルガー症候群と俺。乳幼児編①

こんばんわ、キキです。



今回から、俺とアスペルガー症候群との付き合いについて書いていきたいと思います。


長くなると思うので、
シリーズとして少しずつ書いていきます。




まずはじめにまだ俺が子供だった頃のことを、
といっても赤ちゃんだった頃のことです。


俺は長男で、一番上です。(兄弟は妹が1人います。)



母親からしたら初めての出産、
身体の弱い母はかなり辛かったと言っていました。


生まれた時はかなり小さく、
いわゆる未熟児というやつでした。



その上アレルギー体質で喘息持ち、
乳児の時は本当に大変だっただろうなと思います。




しかし身体の発達は特に問題なく成長し、
ハイハイしたり立ち上がったりも他の子と同じ時期だったそうです。




ただ、ひとつだけ他の子と違ったこと。


それは、「言葉の発達が非常に早い」ということ。



生後半年にはもう喋り始め、歌を歌い、
8ヶ月には英語の歌も完璧に歌えるようになったと言います。




両親は「天才を産んでしまった!」と思ったそうです。笑




いま思えばですが。


俺には絶対音感があります。
そのおかげで歌をすぐ覚えたのかな、と思います。



両親が音楽家だからとか、
生まれた時からトレーニングしていたからとかはまったくありません。


これも、俺が生まれ持った
特別なところなのかもしれません。




話を戻しますが、こんな感じだったので
両親は俺に障がいがある、なんて微塵も思わなかったそうです。


逆に天才だと思っていたくらいですから。笑




ただ、1歳を過ぎた頃から
両親は少しずつ異変に気付いていきます。



まず一番気になったのは、
「まったく笑わない、常にポーカーフェイス」
ということだったそうです。


(現在でも表情が乏しい俺は大学生の時、
代表曲にちなんでレディーガガとあだ名を付けられるのでした。笑)



話は聞いているように見えるけど、
笑わないし表情が変わらない。


そして、まったく目が合わない。
(今でも人の目を見るのは苦手です。)




少し変かも、と思いながらも
両親はまだこの子に障がいがあるかも、なんてまったく思わなかったそうです。


でも成長するにつれて、
不安要素はどんどん増えていったのでした。




まだまだ続きますが、
一度に書いてしまうと長くなるので今回この辺で。




キキ.



良ければクリックお願いします。
励みになります。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

050917 俺のこだわり。睡眠編

こんばんわ、キキです。


ずっと更新できずにいました。
まめに書くって思ってたのに、ごめんなさい。

(見てくれてる人いるのかな。笑)


この1ヶ月の間に、いろんなことがありました。



延期になっていたUSA出張に行ったり、
仕事忙しくて体調崩したり。


ララともいっぱい遊びに行ったし、
ゴールデンウィークは実家に帰りました。



あっという間に時間が過ぎて行った感じです。

睡眠不足な毎日でした。笑



睡眠、と言ったら俺にはひとつこだわりがあります。


「必ず、6時間以上の連続睡眠をとる」ということ。



ただ、仕事をしているとこのこだわりが
達成されない日が出て来ます。


就職したての頃は、このことに耐えられず
パニックになったり、ストレスが溜まったりしました。



6時半に起きなくてはいけない、
6時間以上の睡眠を取るためには少なくとも0時にはベッドに入って寝る体勢に入らないといけない。


これに加え、「22時半にお風呂に入る」というこだわりもあります。



残業して家に着く時間を考えるだけで、パニック。




どうしたら良いかまったく分からなくなり、
通っている病院の先生に相談をしました。


そこで先生が言った言葉は意外も意外。
おどろきました。



「今のルールが守れなくて耐えられないなら、
残業した場合のルールを作れば良いじゃない。」



その言葉を聞いて、心がすーっと楽になったこと、
今でも覚えています。




その日から、普段のルール(こだわり)にプラスして
残業や飲み会だった日のルール(新しいこだわり)を作りました。


今でもそのどちらかを必ず守っています。



こうすることで、俺は心や身体に負担をかけずに
こだわりを達成することが出来ています。




こだわりが強いアスペルガー症候群の人たちは、
ひとつのこだわりに執着する傾向があると思います。


でも、それが達成できなかった時の
新しいこだわりを作れば良い。



そんな一石二鳥な考え方、俺には思いつかなかったです。




いろいろと苦労はありますが、
自分の特性を否定せずに他の人と同じように行動出来るよう、努力していきたいと思っています。





更新が止まっていましたが、大阪京都旅行の続きも追々書いていきますのでよろしくお願いします。


今回はこの辺で。




キキ.



良ければクリックお願いします。
励みになります。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

040617 京都大阪旅行。3日目

こんばんわ、キキです。


今日は京都大阪旅行の3日目について書きます。



3日目はコテコテの大阪旅行にしようと言うことで、
何度も行ってるけど大阪感のあるところに行きました。


はじめに、ホテルの近くということもあり
アメ村や心斎橋を物色。



ララの買い物に付き合いました。

ADHDの彼女は、同じような服を何着も買うんです。
自分がもうすでに似ている服を持っていることを忘れちゃうのかな。笑


そのあと、お昼は道頓堀でお好み焼きを食べました。



雨が降っていましたが、
お昼を食べた後は天王寺動物園へ。

ララちゃんのご要望です。


動物好きなララは、モルモットのふれあいに行きたいの一点張り。

ちょっと怖がりながらも俺も一緒にふれあいました。




よく見たらかわいいかも。


俺が見たかったのはコアラだったんですが、
木の上に登ってしまっていてなかなか降りて来ませんでした。

待つのが苦手なララにはきっと苦痛だったのに、
一緒に降りてくるのを待ってくれて、この写真が撮れました。


コアラに会えて良かったです。




そのあとベタに通天閣に登り、串カツで一杯。


飲んだあとでしたが、新世界のスパワールドに行きました。


もちろんララとは別で入りましたが、
1人でも充分楽しめました。笑



そんなこんなで、3日目は誰もがイメージする大阪な旅をしてきました。


たまにはこんなコテコテの旅も良いなあと思いました。



また続きは次回書きます。

今回はこの辺で。




キキ.



良ければクリックお願いします。
励みになります。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

040417 アスペルガーとADHDが新幹線に乗ろうとすると。

こんばんわ、キキです。


今日は旅行前半で起こった出来事を書こうと思います。



まだ出かける前、新幹線に乗る直前に
ララがやらかしました。笑


俺の仕事が終わって出ることになっていたので、
会社から近い新横浜駅から新幹線で行く約束でした。



夕方、俺が仕事をしている間
ララは早めに新横浜駅で友達とお茶をして待っていました。


俺が新横浜に着いたのは
出発の15分前とかなりギリギリ。

ララに事前に連絡を入れていたので、改札前で合流。


ララの友達に見送られながらチケットを渡し、
2人でいざ改札内に入ろうとした時にララが叫びました。



「きーちゃん!携帯がない!!!」



もう新幹線が出るまで10分。


俺は改札に入ってからやることを
頭の中で組み立て終わっていました。

(トイレに行って、タバコを半分吸い、お茶を買う。ララはトイレに行かないと言っていたし、これで大体7分。ホームで3分あれば余裕ある。とか。)


自分で決めた手順は、その通りに実行したい。
アスペルガー特有だと言われていますよね。



完璧にこのあとの10分間の手順を組み立てていた俺に、
ララの一言。


俺は一瞬でパニックに。



でも切り替えの早いララは、
さっきのお店に置いて来たかも!〇〇ちゃん見て来て!と友達に指示を出していました。笑


友達を走らせ、パニックな俺をなだめるララ。


トイレも喫煙所も新幹線の中にあるから大丈夫だよ、お茶買う時間はまだあるよ、とか。
(頭の中を大体読まれています、付き合い長いので)



友達が無事にララの携帯を見つけて来てくれ、
なんとか5分前には改札の中に入れて乗り遅れずに済みました。




予定変更でパニックになるアスペルガー彼氏と、
忘れんぼうで切り替えの早いADHD彼女のエピソードでした。笑


旅行ネタはまだまだありそうなので
しばらく続きます。



今回はこの辺で。




キキ.



良ければクリックお願いします。
励みになります。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村